2019/11/11
カットは早さで決まるのか?

お客様にたまに

「カットが丁寧ですね」

と言われます。

 

でも

単純に

あまりカットスピードが

早くないんです(笑)

 

〝早いカットで丁寧〟

〝遅いカットで雑〟

〝早いだけ〟

〝遅いけど丁寧〟

色々な方がいます。

何が正解かは

お客様次第です。

 

昔は

掛け持ちしながら

時間に追われ

スピードだけを

意識し

施術をして

妥協しつつ

後悔をして

日々を過ごした事も

ありました。

 

そして今は

セット面一席

カット標準時間

平均1時間に対し

1.5時間。

 

只ゆっくり

やってるだけじゃん。

楽してるだけでしょ。

と思う方も

いるとは思いますが

〝普通〟

ってなんでしょうね?

 

この1.5時間の中で

お客様に

どう満足して頂くか。

 

それを考えた時に

自分の〝普通〟は

これだったのです。

 

ずっとお話をしてる方。

読書を楽しむ方。

じっと技術を見る方。

寝ている方。

早く終わらないかな?

と思っている方(笑)

 

色々な

お客様がいらっしゃいますが

自分の理想は

腹八分目。

 

もう終わっちゃうの?

と思わせられるか否か。

 

それは技術的な事

よりも

この空間にいる時間を

心地良く

過ごせるその感覚。

 

長ければいい

早ければいい

そうではなくて

カットを含め

またこの空間を

味わいたい。

 

終わった時に

時間の感覚をなくして

技術、空間。

全てが

〝なんか丁寧だったな〟

 

そう思って頂けるのが

一番の理想像。

 

そんなことを

感じていただけたら

幸いです。