2019/10/14
あまり気にしないもの、見えないものへの気配り

先日花の入れ替えをした時の事。

一緒に配置替えもしました。

 

その時美里氏に言われました

「枝一本にも拘る男(笑)」

 

そうなんです。

飾った後にそれを

遠目に見て

どう映るか

バランスを見て

少し角度を変えたり

折ってみたり

曲げてみたり

細工をします。

 

 

ディズニーランドは

好きじゃ無いですが

以前ディズニーランドの

経営本を

読んだ時

【お客様が真っ暗になって

見えなくなる場所があっても

毎日掃除をする。】

 

やっぱりそこなんですよね。

気配りも技術も。

 

そこにあるから何かをする

ではなくて

その先をしっかりイメージして

 

〝こう見えるだろうから

こうしておこう〟

 

〝わからないかもしれないけど

こうした方が親切だろうな〟

 

〝前回と同じスタイルで。

と言われたけど

こうした方がより

良いだろうな〟とか。

 

全ては想像力。

センスもあった方が

こしたことはない。

 

でも想像力の方が

私は遥かに上を行くと

思っています。

 

 

平尾成志 盆栽師

https://jp.bonsaihirao.net/profile/

この方の仕事を見て

凄く感銘を受けました。

 

盆栽のことは

全然わからないですが

先ず

理想の形の物を

選び

〝針金で曲げたり〟

〝バッサリ切ってしまったり〟

〝裂いたり〟

本当に色々な工程を

重ねて

全然違う

形に変えたりもしていました。

 

それも原型も

わからないくらいに。

 

そして一番衝撃を受けたのが

盆栽も

〝生きている〟

ので

平尾さんが

理想としているものに

なるまでには

10年位かかるそうです。

 

それこそ絶対的な

【想像力】

の世界です。

 

 

私たちの仕事

美容師は

ショートからロングにしたい。

の要望があったとしたら

イメージをする時間は

長くとも

2〜3年です。

 

10年単位は未知の領域です。

 

でも長くお世話になっている

お客様は

かれこれ

10年以上のお客様も

多くいます。

 

それらのお客様の

髪の毛を

一生、責任をもって

担当をする。

 

それには常に

先々へのイメージが

大切です。

 

これからも常に

期待以上の

満足をして頂けるよう

どれだけその方の

気持ちになって

どんな生活をして

どうなりたいか。

それを毎回感じながら

施術に入る。

その為には

日々精進です。