2018/09/21
カラーリングの一時治療と根本治療

〝外国人みたいなアッシュにしたい!〟

最近良く耳にする言葉です。

 

そもそもアッシュは何色かというと

色んな意見があると思いますが

個人的には

【色】では無く【くすみ】

だと捉えています。

 

そして【くすみ】を出すには

前提に必ず【透明感】が必要で

多くの日本人が持つ

【赤】【橙】がそれを邪魔します。

 

その【赤】【橙】を消してくれるのが

【緑や青】

なのです。

 

アッシュにする時に

良く使う色です。

 

でもこれが題にもある

〝一時治療〟で有り

〝根本治療〟ではありません。

 

ベースの明るさ(明度)にも

よりますが

橙が消えて

黄色くなっていれば

良いですが

橙が強い部分に

青をのせるだけだと

補色(反対色)なので

ただ橙に青がぶつかり

橙みを

〝一時的に〟消すことになるので

青が抜けてくると橙に戻りやすいことが

その多くです。

 

なので毛先の色が抜けても

しっかり色もちを良くしたい場合

アッシュ系であれば

極力、【赤】【橙】を

排除(明るく)して

イメージより濃いめの

【緑】【青】【もしくは紫】

で染毛することが

〝根本治療〟への近道になります。

 

因みに赤やオレンジ系に

カラーチェンジしたい場合は

その赤やオレンジが

極力残る明るさ(明度)に

染毛したほうが長持ちします。

 

ご参考までにどうぞ。